ホーム > 入院ご希望の方

入院ご希望の方

対象とされる患者様

認知症疾患や身体疾患など内科・精神科の連携による
総合的医療・介護を基本としています。
徘徊・暴力・暴言・食欲不振など認知症症状がみられる患者様の受け入れはもとより、
喀痰吸引や褥瘡など身体ケアが必要な患者様もご入院いただいております。

横浜病院には医療療養病床・介護療養病床・精神療養病床があります。
それぞれの病床により受け入れ基準が異なるため、
お気軽に当院のソーシャルワーカーへご相談ください。

医療区分3

疾患・状態 ・スモン
・医師及び看護師により、常時監視・管理を実施している状態
医療処置 ・中心静脈栄養  ・24時間持続点滴
・発熱を伴う場合の気管切開、気管内挿管・感染隔離室における管理
・酸素療法(酸素を必要とする状態かを毎月確認)
医療区分2
疾患・状態 ・筋ジストロフィー  ・多発性硬化症  ・筋萎縮性側索硬化症
・パーキンソン病関連疾患・その他難病(スモンを除く)  ・脊髄損傷(頸髄損傷)
・慢性閉塞性肺疾(COPD)  ・肺炎  ・尿路感染症  ・疼痛コントロールが必要な悪性腫瘍
・脱水かつ発熱を伴う状態  ・褥瘡  ・リハビリテーションが必要な疾患が発症してから30日以内
・体内出血  ・頻回の嘔吐かつ発熱を伴う状態  ・末梢循環障害による下肢末端開放創
・せん妄の兆候  ・うつ状態  ・暴行が毎日みられる状態
医療処置 ・発熱又は嘔吐を伴う場合の経腸栄養  ・喀痰吸引  ・気管切開
・気管内挿管のケア  ・血糖チェック  ・創傷(皮膚潰瘍・手術創・創傷処置)
医療区分1
医療区分3・2以外の疾患
その他
・介護保険証のない方、新規申請中の方も医療保険での入院相談が可能です。
・認知症症状をお持ちの方、積極的にお受けします。
・IVHをされている方も対応可能です。
・生活保護を受けている方も、入院可能な場合がありますのでご相談ください。

ページの先頭へ戻る

入院までの流れ

入院までの流れ

ページの先頭へ戻る

入院費用・その他

入院費用はお体の状態・病状により異なります。
専門のソーシャルワーカーが具体的なご説明をいたしますので、お電話、FAXまたはメールにてお気軽にご相談ください。

お電話での入院相談
電話 045-933-1011(代表)
FAXでの入院相談
FAX 045-931-1795
メールでの入院相談
入院相談・その他お問い合わせフォームはこちら

【担当】山本・増井(マスイ)・福永(フクナガ)・中島
【受付時間】午前9時~午後5時(平日・土曜日)
 ※土曜日はソーシャルワーカーが出勤する週もございます。まずはお電話にてお尋ねください。

ページの先頭へ戻る

ご相談後の声

  • 療養型病院について知らなかった部分を充分に説明していただき、ありがとうございました。
  • とても明るく、きれいな所で快適に過ごせると思います。
  • こちらのお話も沢山きいて頂き、感謝しております。
  • 具体的な質問の回答が得られた。
  • 院内がキレイでした。医療従事者などあいさついただいたことがうれしかった。
  • 療養型のイメージは暗くてインキなイメージを想定していましたが、
    病棟で明るいカラーで気分も落ち着くようですし、
    私自身はよい病院だと思いましたが、何より母が気持ちよく入院生活が送れれば一番です。
  • 費用について少し考えたいと思うが、とても好印象を持ちました。
  • お天気もよかった故か、病院の中も明るく、元気をもらいました。
  • 相談員の方が母のことをよく知ろうと考えてくださっているのがよくわかり、うれしく思いました。
  • とてもきれいで明るい事、内容等は理解できましたが、費用の面が気になり、私どもにはハードルが高いかもしれません。残念です。
  • 急な訪問だったにもかかわらず、対応いただき、感謝しております。